京都での撮影紀行。

Author : Naohito Nishiyama Update: 4:18 PM
16APR.13

130416.jpg

気付けば4月も中旬に。というのも僕は3月末から定期的に籠って撮影している京都へと数週間の撮影へと行ってきました。

今春の京都は昔に住んでいた頃とはまた違った表情で迎えてくれて、
日ごとに変わりゆく空気をシャッターを切ることで夢中に掴むように追いかける毎日。

山に入ると風と水の音。街中を歩くと活気に満ちあふれた人たちの生きた声が聞ける。
東西南北に交差する抜けのある街並は一見同じようで、
一本筋(道のことを京都では筋という)を外れると全く違った個性がそこには存在している。

そんな不思議な街が京都です。

自分が生まれ育った場所だからこその主観と、現在東京に住むからこそ客観が自分の感情の中で入り交じる。
だからこそ今自分の目で見て、感じた京都の素晴らしさを
写真を通じて多くの方に見て頂きたいと感じ、「京都」での撮影を始めました。

今はまだ制作中なのでいつにご披露できるかは未定ではありますが、
自分が提案するベストクオリティの「京都」を形にすべく現在奮闘しています。

ちょっとした告知になりましたが、具体的なコンセプトや内容など決まりましたらあらためてご報告させてもらいます。
一年間という期間、京都で撮影させて下さった方々、
そして素晴らしいタイミングで出会えた奇跡の瞬間に立ち会えたことに心からの感謝を贈りたいと思います。


西山 直人


BLOG


映像ディレクター・ウェブデザイナーの経験を経て、2009年より RUA Creative Production を主宰。またデジタルコンテンツの制作に留まらず、フリーカメラマンとしても活動中。
>READ MORE TWEET