転職活動をしたと思った時に、転職先の面接対策について、どう準備をしたらいいか戸惑うことはないですか?

この記事では、上手に面接試験に望むための準備しておくべき事項についてまとめたので紹介します。

■転職時の面接対策の重要性

希望する会社に転職するためには、採用試験で必ずといっていいほど実施される面接試験の準備が欠かせません。

面接に臨む際には悔いの残らないように万全の準備をしていく必要があります。

自分のセールスポイントをきちんと伝えることがポイントです。前提として、インタビュアーからの質問にスムーズに答えることができるのが望ましいですね。かといって、わからないことは知ったかぶりをしないで、正直にわからないと答えた方がよいでしょう。

そのための準備として、次の5つを押さえておくといいでしょう。

準備事項
1)履歴書に書いたこととの食い違いがないように内容のポイントを押さえておく
2)履歴書の内容から聞かれそうな質問を想定して、答えを用意しておく
3)聞かれたことには、はっきりと堂々と答える
4)自然な笑顔でにこやかな表情を心がける
5)清潔感のある髪型、服装で臨む
以上を実践することによって、安心して面接に対応することができます。

■転職時の面接に用意しておくべき質問とは

採用面接でインタビュアーから複数の質問がされますが、聞かれそうな質問と答えを用意しておくには、どんな内容を準備したらいいでしょう?

まずは、履歴書に書いたことが基本ですが、そこから関連する内容を発展させて、自分の思いや希望や達成したことなどをメモして置くことも大事です。

その会社について事前に事業内容をある程度は調べてあるでしょうから、それについて自分はどこに興味があって、その理由はこういうことで、できればそれに関連する仕事につきたいなど、履歴書に書ききれなかったことを整理しておくとよいでしょう。

もう1つの効果的な方法として、こちらから企業側にあらかじめ聞きたいことを準備しておくのも有効です。インタビュアーからの質問の中に、時々「質問はありませんか?」と聞かれる場合があります。

そんな時には、「特にありません」と答えるよりは、事前に質問を準備しておいて、質問する方が、それだけその企業に対する関心を示すことになり、好印象をもってもらえる可能性が高まります。ぜひ検討してみてください。

■転職時の面接準備は1人で準備するよりも転職サイトの活用がおすすめ

ここまで、転職時の面接に臨むにあたって準備すべき事項について紹介しました。

そうはいっても、1人で何から何まで準備するのも、見落としがあったり、わからないところがでてくるものです。

そんな時には、第3者からのアドバイスがもらえると、気づきがあったり、気持ち的にも安心できます。

いろいろネット上に転職サイトの情報がありますので、ぜひ調べてみることをおすすめします。

■まとめ

転職活動に必須な面接試験に臨むための準備と心構えを紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

 

おすすめの記事