gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID');
販売促進

フェイスブック広告をアカウントなしでインスタグラムでも宣伝する方法

こんにちは。生涯現役・生涯挑戦をモットーにシニア世代を応援するこうちゃんです。

Kindle本を宣伝したいけど、フェイスブックとインスタグラムの両方で宣伝を試してみたい。

そんな疑問にお答えします。

こちらの記事でフェイスブック広告をオーディエンスのターゲット年齢を絞って実施したところ効果があったことを紹介しました。これまで2回フェイスブック広告を実施しました。

フェイスブック広告に詳しい方から、ターゲット層が若い女性の場合なら、インスタグラム広告も効果あることを提案いただきました。

インスタグラムというと、若い女性が活用しているイメージがあったので、アカウントも持ってませんし、利用したことはありません。

ところが、前回と前々回のフェイスブック広告の結果を見ると、なんとアカウントも持っていないのに、インスタグラムにも宣伝されていることがわかりました。

さらにメッセンジャーでも宣伝されていました。あとでわかったのですが、フェイスブック広告を出すと、自動設定でアカウントをもっていなくてもインスタグラムでも宣伝される様です。

メッセンジャーでは、過去にやりとりした人だけに宣伝されると言うことなので、メッセンジャーの宣伝はしないで、フェイスブックとインスタグラムに手動で絞って宣伝することにしました。

この記事では、その方法を解説します。また年齢層も1回目の結果によると、45歳から54歳までもアクセスが多かったので、今回はそこも含めることにしました。

■前回の広告の結果から、オーディエンスの「配置先」を確認する

手順を紹介する前に、前回のフェイスブック広告の結果から、何も選択せずに自動にしておいた「配置先」を確認する方法を示します。

フェイスブックビジネスアカウントのページを開くと以下の様に前回の広告の結果のページが表示されます。そこで

「成果を確認」を押すとオーディエンスの「利用者層」つまり利用者の年齢分布が表示されます。その状態で「配置先」を押すと利用者がどのページで広告を見たかがグラフでわかります。

こちらが1回目:

こちらが2回目:

どちらもインスタグラムのフィードやストーリーズで表示されていることがわかります。

どうも自動設定するとフェイスブックだけでなく、メッセンジャーやインスタグラムでも宣伝されることがわかりました。

メッセンジャーは過去にメッセンジャーでやりとりをした人のみに宣伝される様です。なので、友達範囲を限定している人はメッセンジャーの宣伝をせずにインスタに集中した方が良いかもしれません。

私の場合は今回3回目のフェイスブック広告をだすつもりですが、メッセンジャーは手動の設定として外しました。その分広い読者層に絞って宣伝した方が良いと考えたからです。

■フェイスブック広告からインスタグラムでアカウント無しで広告を出稿する手順

前提として、フェイスブックのビジネスアカウントを作成しておく必要があります。その方法についてはこちらのフェイスブック広告のやり方についての記事を参照ください。

ここでは一度出稿した原稿を、オーディエンスの条件を見直してまた出稿する手順を紹介します。

手順は以下です。

①フェイスブックのビジネスアカウントのページを開き前回宣伝した固定投稿の「もう一度宣伝」を選ぶ
②Instagramを広告配置として使用できる目的を選択
③[次へ]を選択し広告セットの詳細を入力
④ [配置]セクションで[手動配置]を選択して[Instagram]を選択[メッセンジャー]のチェックを外す
⑤関連リンクの詳細でオーディエンスの詳細を追加して広告を完成させる
⑥プレビューで内容をチェックしたら審査のための送信を押す

ここで④の手動配置を選択すると、フェイスブックは当然なのでグレーで何も出ませんが、インスタグラムとメッセンジャーに既にチェックが入った状態になっています。ここでメッセンジャーのチェックを外してみます。

オーディエンスの詳細を再設定します。

今回は以下としました。

・年齢層:28歳〜54歳 (前回28〜44歳日)
・期間 :7日(前回4日)
・予算 :1,200円 (前回と同じ)

2回目の前回の年齢層は28歳から44歳でしたが、1回目の年齢分布を見ると、25歳から35歳よりは45歳から54歳の方がリーチした人数が多かったため、28歳から54歳にしました。

55歳から60歳のリーチも多かったですが、インスタグラムを実施している人は少ないと思われたので、今回は除きました。

目標は「広告のURLをクリックする可能性が高い人に広告を表示できる」ウェブサイトへのアクセスを増やすにチェックを入れました。前回は自動でした。

■まとめ

フェイスブック広告でアカウント無しでインスタグラムと連動する方法は、オーディエンスの配布先について自動設定にしておけば良いだけと言うことが確認できました。

その時はメッセンジャー広告も表示され、メッセンジャーの場合は今までやりとりした人に限られるため、インスタグラムにより集中するにはチェックを外せば良いこともわかりました。

以上、参考になれば嬉しいです。